ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは、シートベルトで捕まって
次回、ゴールドカードじゃ無くなったメルシーでございます。
しかも昨日は、函館でドッグショーが行われ・・・
函館に向かう前にです(泣)
目の前に出てきた警官を一瞬、轢いて逃げようと思いましたが(笑)
今回は大人しく捕まりました。ツイてない・・・今回のショーは
重要な勝負なのに・・・。

こういう時には、私、音楽で気分転換致します。
今回、函館までの長旅のBGMにチョイスしたのは・・・
伝説のロックバンド!大江慎也時代のTHE ROOSTERS!!
「俺はただ、お前とやりたいだけ」を連呼する「恋をしようよ」は、
私の青春時代の全てを物語った曲で(笑)
懐かしさのあまり涙が出そうになりました。
どうしようもない恋の唄」は私的に歴史に残るバラード?です。
オマケ・・・Girl FrendRosie

何だかんだと気分を盛り上げ・・・函館に着きましたが・・・
わたくし非常に緊張しておりました。
何故なら・・・今回はハンターの弟君にリベンジする為に
わざわざ函館に行ったのでした。しかもハンドラーは、プロとか
隊長ではなく、ハンドラーの差だと言わせない為に皆の制止を振り払い

この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となる迷わずにゆけよゆけばわかるさ

を心に刻みアントニオ猪木のような声で「私が引きます」と
言いました。と言うのは真っ赤な嘘で、
隊長が私に試練を与える為に内々で仕組まれた事でした(汗)
しかも、軽~い感じで・・・「今回、メルシーさん引いてね♪」
隊長絶対、いじめっ子だったに違いない。
私「・・・・無理・・・・」
その次の瞬間から・・・負けたらどうしよう病で憂鬱になり
お腹の調子が悪くなるし、ため息しか出ないし・・・
だってプロが引いて負けてもあんなにショックだったのに
自分でやってだったら死んじゃうかもしれない・・・・メソメソ
鬼嫁には、「私だったら自分でリベンジ出来るの嬉しいけどな」とか
「ノミの心臓」とか「負けたら帰って来なくていいよ」とか
散々プレッシャーをかけられました。
函館を通り過ぎて青森まで逃亡しようかとも考えましたが、
私も男!ここは勝負してみようじゃありませんか!!
でも時々・・・ハンドリング・・・1年ぶりなんだよな~とか
言い訳がましい囁きが心の中で・・・Oh~My God!

が、しかし当日の勝負の前は意外に緊張しなく気合十分でした。
ハンターをNO1ドーベルマンにする為だと思ったら勇気が湧いて
きました。これからもこういう勝負が続くでしょう!
気持ちで負けていたら駄目なんだと・・・・
それとこの勝負の直前にハンターの子供が無事産まれたという
知らせがあり、仔犬ちゃんの為にも頑張らなきゃ・・・!

177.jpg


そして結果は


こんばんは。

最近も貧乏暇なしで忙しく動き回っていておりますが、
嬉しいニュースが続々と届いてきます。
まずはエバですが、今日のドッグショーはお休みしましたが、
昨日は京都で大活躍致しました。
ベストインショーは逃しましたが、クイーンに輝きました♪
これでシュープリームドッグにリーチです。

エバも今週の金曜日には一時帰ってきますから
久しぶりに恋人に会う気分ですが向こうは今が楽しくて
と言う感じなのでしょう。
もう少しだけショーチャレンジが続く事になりましたが
8月中にはまた前の生活に戻れるでしょうね。

そしてエバの母親のベルと、その子供達の写真が届きました。
三年振りの出産でしたから大変だったでしょう!
ベルも高齢なのでこれが最後の出産だそうです。
ハンターの子供がエバの兄弟というのも近親相姦的な
感じがしますが、まぁ実際には血のつながりはないのですが、
微妙な気持ちです。
そして、これがハンターの初仔でございます。

hunterJr2.jpg

hunterJr.jpg


まだ小さすぎて似てるんだか似てないんだか分りませんが、
自分の犬の子供は何とも言えず可愛いですね♪
これでエバとハンターの子供だったらどうなる事でしょう。
目標は私の乳から授乳したいです。
どうすれば出るようになりますかね?
男の人も乳が出る人・・・いるそうですから(本当の話)
希望を捨てずに前向きに考えたいと思います。


ハンターの近状です。
彼が帰ってきて、しばらく経ちますが・・・・
こいつ本当に素直で単純で可愛い♪
2歳を過ぎますが反抗期もまだ来ていませんし
動きを見たらまだまだ子供っぽい動きです。
毛艶もピカピカで体調も申し分ありませんが、
まだまだ体は発展途上です。
走っている時に顔が重そうだという事が
少々気がかりですが(笑)元気一杯でございます。

アートセレクションの犬の中では3枚目として
定着しつつありますが、飼い主からしてみたら
いろんな表情をしてくれて楽しませてくれる相棒です。

2007_06150012.jpg

2007_06150027.jpg

ドッグランの管理人さんに異常になつくハンター君・・・。
今回も貸切にして頂きました。
シャツ・・・ベロンベロンにしてすみません。

2007_06150034.jpg

なかなか愛嬌のある顔ですね!
こういう写真見て・・・笑ってる♪なんて言う人がいますが、
それは人間の勝手な思い込みで本当は暑くて疲れているんだと
思います(笑)でもいい表情ですよね!

2007_06150042.jpg

かなり愛嬌のある顔でございます(汗)
おまけに口の中がゴミだらけ・・・・(汗)
何か写真をずっと見ていると大川栄策を思い出してしまいます。
あの人・・・タンスを一人で担ぐ凄い人なんで
まぁ良しとしましょう。

2007_06150047.jpg

この写真の顔・・・ハンターがよくするブッチャー系の顔。
いつもはもっとブッチャーのように縦ジワが額に入ります。
いつかブッチャー系ドーベルマン図鑑を
作りたいと思っていますが、
エバの兄貴のバクスターも誘わなければいけません。

2007_06150031.jpg

そして今回のベストショット♪
私・・・写真のセンスが全く無くいつも鬼嫁に虐められておりますが、
70枚撮ってこの一枚!!は如何なものでしょう♪

2007_06150068.jpg

ステイの合図でこのポーズ。
いつでもどこでもショーの練習も忘れずに・・・。
という感じでハンターは終始大はしゃぎでしたが、
私はこういう時間を使いながら仕事の事をあれこれ考えたり
しています。何かこういう時間って貴重なんです。


そりゃ~もう忙しいです。
今はブランがヒート(汗)
そしてお嫁さんを明日まで預かっている事もあり、
ムツゴロウさんになった気分です。

しかし、ハンター!ハンドラーさんの所に預かってもらったら
随分と甘えが無くなりました。
以前ならサークルに入れたら少し騒いだりしていましたが
今は大人しくしております。
トイレなども以前のように、外してしまう事も
少なくなってきたかと思いますね。
家に帰ってきたときは、小さい目がつりあがって
正直、怖い!(笑)と思いましたが今は優しい顔に戻っています。
エバも以前は同じように思いましたが
ショーを連戦していると厳しい顔になるんですね!
ハンターには良い修行になったのではないでしょうか・・・。

それにしても♀犬に比べ、♂犬の体づくりは難しいですね。
理想としてはもう少し太らせたいのですが、
急激にしてしまうと色んな所に負担がかかるので
じっくりじっくり焦らずに!という感じです。
ただ日曜日にもショーを控えていますから
のんびりもしてられませんしね。
今年の北海道のショーは、ドーベルマンでショーを始める方が
数名いらっしゃると聞いていて今から楽しみにしています。
私が始める前から熱心な先輩もいるので、プロハンドラーが
参戦する時期になったら予想以上に多くなるかもしれませんね!
北海道はボクサーの方々が熱心です。
ドーベルマンも北海道から盛り上げて
いけたらいいなぁなんて思いますよ。
しかし、あの方は今年も出ないのかなぁ・・・
メルシーちょっぴり寂しい・・・(笑)

写真は小さい頃のハンター君!
顔は変っても性格は今も子供の頃のまま・・・
可愛い王子様でございます。

hunter1.jpg



プロのカメラマンさんが撮ってくれた写真!
やはりプロって何の世界でも素人とは違いますね。
そして何よりも、ハンターの成長した姿を
こんな綺麗な写真で残せるのが幸せです。

写真でも綺麗なぶれの無い正しい歩様が分かります。
そして気合ギンギンのハンターの顔は
家ではあまり見る事の出来ない顔です。
最後の写真なんて、どうだ俺様だ!的な顔に見えてしまいます。
それにしても真っ直ぐ伸びた腕・・・
綺麗なトップライン・・・
少し大きめの顔・・・
ハンター最高です♪(親バカ)

dobehun10.jpg

dobehun7.jpg

dobehun4.jpg

dobehun.jpg

dobehun8.jpg

dobehun3.jpg

dobehun5.jpg

dobehun6.jpg

dobehun2.jpg

dobehun9.jpg


写真の無断転載を禁止します


先日、ようやくハンターは2歳の誕生日を迎える事が出来ました。
思えば30センチにも満たない時期に見せてもらってから
早2年が過ぎたという事です。
時間が経つのは早いですね。
大きい病気もしないで順調に成長してくれました。
性格的に単純で、神経質ではないですが、
雌と比べると、そのパワーには圧巻されます。
やはりラブラドールの雄犬とは、本質が違うと実感しましたね。

今は日本のトップハンドラーさんの所で
修行中なのですが、これからが本当に楽しみです♪
これからハンターが対戦していくメンバーは、
外国産の強敵ばかりです。内国産の意地を見せたいものですね。

huhuhun15.jpg

ハンター・エバは、今頃何をしているのでしょうか?!
今回、彼らが居なくなっても不思議と我慢できる感じがします。
実はもう一頭、ドーベルマンを預かっているんですよね(笑)
あと半月すれば会えるので、もう少しの我慢です。
ハンターは、これからサイアーとしての資質も試されます。
ここが私の一番、オタク的な楽しみの一つです。
世界の名犬の血統書にハンターの名前が・・・
なんて事がもし起こったら、
もう私・・・インポになってもかまわないです♪

ハンターの居る長野県の天気は曇りのち晴れ、最高気温が6度。
札幌は3度ですので、そんなに温かくないんですね。
勿論、最近・・・長野県の地理も覚えたわけですが(笑)
田中康夫元知事と長野オリンピックくらいしか、
長野県についてのイメージはありません(汗)
イナゴや蜂の子などの昆虫を食べると言うのは本当でしょうか?!
トノサマバッタを追いかけ有刺鉄線に突っ込んだ子供の頃の
ように、いつか長野県でイナゴを追いかけてみたいです。


今、ドッグショーの映画でお世話になっている
中川監督の師匠、園子温監督の「紀子の食卓」が
明日DVDでリリースされます。
園子温監督と言えば最近、栗山千明主演の映画、
「エクステ」が公開されたばかりで、
その他にも「自殺サークル」や「奇妙なサーカス」などの
映画が海外でも評価されているようです。

この映画・・・ここ数年見た映画の中では1番心に響きました。
今の日本の教育や社会の問題点を上手く描いた作品だと思います。
今の若い子の感覚と私の年代の感覚の大きな隔たりは、
もう埋められないのではないか?!と
心からそう感じさせられました。
お子さんがいる方には是非是非見ていただきたい映画ですし、
部下と上司の関係にも同じ感覚で当てはめられるのでは
ないでしょうか?
私のお客さんで新聞社の編集長の周りでも
この映画がここ数年で1番のお勧め作品だと聞きました。

私的に見ていると、どうしてもお父さんの味方的な発想を
してしまうという事は、もう10代の子と心から分かり合う事は
難しいのかもしれませんね。
何でもそうですが、分かっているつもりが、
一番危険なのかもしれませんね。全ての人や物事は
自分と同じ感覚ではないし、そんな単純なものばかりでも
ありませんから・・・。思い通りに行かないですからね。
しかし、この映画の子供達の方が私より大人な部分もあると思います。
私は、たいして好きでもない人に笑顔で接する事は苦手だし、
その場その場で演技して人に合わせる器用さもありませんから。
この映画を見てからスタッフの見方も変わってきました。
私の指示を聞いているのは、もしかしたら唯の演技かもしれないと。

ただそういう事を悲観的に見るのではなく、
分かり合えなくても分かり合いたいと言う気持ちが
大事なのかなと思います。
また自殺への感覚も少し感じ方が違って見えます。
私たちの感覚で自殺を考えた場合、「余程悩んだんだろう」
とか「余程辛かったんだろう」とか考えてしまいますが、
もしかしたらパフォーマンス的な感覚や、
自爆テロの上のステージへ行く感覚で死んでいく人も
いるのではないかと、そう思います。

何だかんだ言って日本は平和ですし裕福ですし、
そんな日常が退屈と感じてしまうのかもしれませんね。
中には平和ボケが嫌だとフランスの外国人部隊に
入隊する人もいるくらいですから・・・。戦後すぐだと
考えられない事のように思います。

最後に、この映画を見て強く思った事は、
子供に権利を与え過ぎなのと、何でも変な感覚の平等にし過ぎです。
社会に出たら平等なんてありませんからね。
お金を持っている人がもっとお金を持ち、
貧乏人はますます貧乏人になって行くのが、
今のこの世の中の平等です。
(貧乏な私には不平等だと感じてしまうのですが)
まず韓国のように徴兵制度を実施して欲しいと思います。
(自分は行きたくないですが)
そしてニートを集めてバグダッドにでも送り込んだら
少しは生きるという意味が違ってくるのではないでしょうか?
ゲーム感覚で戦争したら案外強いと思います。
操縦はプレステのコントローラにして・・・・。

と書いて見ましたが、
あるところでは私も今の若者と同じ感覚を持っています。
なので私の世代位から何かが狂ってきたのだと思いますよ。
私の世代も何かがオカシイという事を自覚して
生きて行かなければいけませんね。
そういう意味では、今の若い世代はこの時代の一番の
被害者なのかもしれません。

紀子の食卓 プレミアム・エディション 紀子の食卓 プレミアム・エディション
吹石一恵 (2007/02/23)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


こんにちは。
お客さんを「母さん」と呼んでしまった事のある
メルシーでございます。
何だかバタバタ・ゴタゴタ、ニョロニョロ・ピョロピョロ
しておりましたが、午後からやっとゆっくり休めます。

この2日間・・・まともに寝ていないんです。
何故ならエバがヒートになり、アレを覚えてしまった
ハンターは朝から晩まで「ヤラシテ!ヤラシテ!」と
泣きまくり、怒りまくりなのです。
一度経験してしまうと、病み付きになってしまうんですね。
(私もそうでした)
そしてハンターは、その望みを叶えられないまま・・・今日、
長野県のハンドラーさんのもとへ旅立ちました(笑)
本人は全く知らないので、ビックリしている事でしょうね!
家へ帰ってきて一言・・・非常に静かで落ち着けます(笑)
今回の予定は6月位までと考えていますが、
こういう修行って大事だと最近つくずく思います。
やはりショーマナー等もそうですが、
オーナー以外の人や犬との社会性など、別の環境で生活するのも
大事だと思います。自分達だけだとどうしても
甘やかしてしまいますね。ハンターには、ハンドラーさんのもとで、
ダンディズムを学んできて欲しいと思います。

ブラン・エバの怪我は改善の方向へ向かっていますが、
エバの運動は全くできていません。
アジアインター前に何処かの街へ繰り出す予定ですが、
ちょっと厳しい戦いになりそうです。
しかしショーをしてから色んな所に旅行するようになりましたね。
12月の東京インターの模様を撮影した映画は、
数ヶ月・・・延期になるようです。
編集段階では映画の評価も上々なようで、
非常に楽しみにしています。

写真は今日のハンター君です。
最後は蜘蛛の巣にかかったようになって
送られて行きましたよ。

070220_095748.jpg

070220_100015.jpg

070220_102035.jpg

最後に、私の友達の愛犬が天国へ旅立ちました。
心よりご冥福をお祈り致します。


この1~2週間でハンターの体が変わってきました。
雄らしくなったというか非常に幅が出てきました。
何故、急激に立派になったか不思議に思ったのですが、
この前の交配が関係しているのかと思います。
童貞を捨ててホルモン分泌が活発になってきたからでしょうか?
時期が重なるんですよね。
生物にとってホルモンの分泌というのは非常に重要です。
彼氏が出来た途端、見違えるように綺麗になっていく女性の
お客さんを何度も目の当たりにしてきましたからね。
そういう観点からいくと鬼嫁や、うちの女性スタッフは
男性ホルモンが活発になってきているような気がします。
多分、数年後・・・フレディーマーキュリーの様な立派な
髭をたくわえているのでは、ないでしょうかね。怖い怖い。

20050612120051-19427.jpg


この写真・・・何度見てもニヤニヤしてしまいます。
ハンターが産まれて1ヶ月ちょっとの写真でございます。
隊長曰く、この位の時のバランスが成犬になった時と
変わらないそうです。
馬も産まれてすぐが、走る馬か走らない馬か一番分かり易いと
言う方がおりますからね。
そして3歳までに横に伸びたり縦に伸びたりして
最終的には産まれてすぐのバランスに戻るという事なのでしょうね。

h555.jpg


この写真は7ヶ月過ぎのものですが、
きゃしゃで、しかも横に伸びていてバランスが悪いですね。
ただ親ばかですがエレガントさと綺麗なトップラインは、
なかなかですね。

充実してきた最近のハンターはアジアインターで披露として、
唯一、バランスが思い通りに行かない部分があります。


昨日、ようやくハンターが男になりました。
ハンターの初めてのお相手は、
ハンターより年上のお姉さんのベリーです。
性格は今まで見たドーベルマンの中で確実に一番!
大人しく利口で良い子でした。
エバがとっても、やんちゃに見えてしまう位でした。
(エバも大人しく利口な部類だとは思うのですが)
ベリーはドッグショーでインターチャンピオンを
獲得したドーベルマン!
長寿の血統ですしハンターの初めてのお相手には
十分過ぎるお相手です。

berry.jpg

berry2222.jpg


動物病院で一通りの検査を受け、
そしてスメアー検査も行ったところ・・・
もう、その時は熟しているという事でした。

その前に隊長とハンターの筆おろし祝いをして
交配のお手伝いをさせて頂きました。

pizza.jpg


まぁまぁ・・・交配の現場を見て思った感想は・・・
以外にあっさりしているもんだと・・・
痛がったりするのが意外に無くて安心しました。
ハンターに申し訳無く思ったのが、
私が想像していたよりもポコチンが大きかったという事です。
私・・・少し自信無くしました(笑)

今回、私の犬は雄側だったので、
まだ安心して見ていられましたが、
雌側だったらいろいろ複雑な心境だったと思います。
順調に行くと3月にもハンターと
ベリーの子供が見れるわけです。
どんな仔が産まれてくるか非常に楽しみです♪

一仕事を終えたハンターの表情です。
お疲れ様でした。

hun1111.jpg




Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 DOBERMAN LADY EBA & DANDY HUNTER, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。