ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006_12170014.jpg


今回のショーはドキュメンタリー映画の撮影もあった為、
いつもとまた違った雰囲気のドッグショーでした。
日本でアジアインターの次に大規模なドッグショーでしたが、
ドーベルの全登録は11頭と非常に少なく寂しい内容でした。

この前日に、ハンターを今回初めてハンドリングをしてもらう
加藤さんに見てもらいコンディションやハンターの性格や癖など
いろんな話を遅くまでさせて頂きました。
流石にプロハンドラーの方の話は、今後の管理の面でも
重要になる事ばかりで参考になりました。

まずハンターのクラスは3頭だけでしたが、
非常に強敵で内容の濃い戦いでした。
一頭は、現在ランキング1位のインターチャンピオンで
最近のショーでは連戦練磨のドーベル、
もう1頭はアメリカのトップドーベルを父に持つ
アメリカチャンピオンで、2頭ともハンターより年上の格上です。
この勝負で今後のハンターの未来が見えてくるような
一戦です。並んで、その後、歩様を見て
勝った!と思ったのですが結果は2席・・・・
この時の映像は、私・・・かなり顔が引きつっていると
思います(笑)
この時の審査の模様を映画の方でしっかりと
見直したいと思っています。

ただ先行き明るい内容だったとは思います。
実際、今年のランキング1位の犬には勝ちましたからね。
来年の目標はアジアインターのベストオブブリードです。

そしてエバと鬼嫁の戦い・・・・
エバの調子は悪くなかったです。
最後の2頭に選ばれタイマン勝負になりました。
相手はこれも現在ランキング1位のドーベルマンです。
普通、最後のラウンドは1~2周で終わりますが
どちらにしようか迷ったのか、
この日は4周位走らされましたね(笑)

結局、エバも2席になりました。
今回はハンドリングの差で負けたと思います。
鬼嫁・・・皆に指摘され、そうとう悔しかったようですよ!!
ただ相手はこれで飯を食っている人なのですから、
オーナーハンドラーとしては、十分だったと思います。
映画のこのシーンも見ものですね!

エバもハンターもアワードオブメリットになりました。
惨敗な結果です。結果が全てですから・・・・
やっぱりベストオブブリードが欲しいです(笑)
オーナーハンドラーだろうが、プロだろうが関係ありません。
勝負の世界ですからやっぱり勝ちたい!!
来年のアジアインターに気持ちを切り替えて行こうと思っています。

eba1111.jpg


そして隊長とデューの登場です。
実はデューの名前は隊長と私で、
ショードックとして成功するように画数を考えてつけました。
デューは今回デビュー戦です。前日に兄弟達の応援もありました。
前にも話しましたが、この犬・・・私が見ても分かるくらい
今までの見た犬のレベルを超えています。
1年後、エバは10回戦ったら10回負けてしまうと思います。
それ位、素晴らしい犬ですからグループ戦は
すんなりと勝ち上がりました。

この時点で帰りの飛行機の時間の関係で
私たちは帰る事になりました。
隊長にベストインショーをお願いしますと
願いを託して帰りました。
空港について、しばらくすると
電話がありました。約束通りデューが
パピークラスベストインショーを取ったという吉報です♪
まるきり今回は隊長とデューが主役の映画になってしまいました(笑)
私たちはチョイ役ですね!でも本当に嬉しかったです♪

ドッグショーで勝ったからと言って1円も貰えません。
隊長はブリーダーですが、年一度のペースでしか繁殖もしません。
なので年間を通すと出て行くお金の方が多いと思います。
それでも何故ショーをするのかと言うと、
ドーベルマンが好きだからだと思います。
好きだから、その犬の向上を望むのだと思います。
そんな彼女の努力と苦労をいつも側で見てる訳ですから
自分の事のように嬉しいです。
決してアートセレクションの犬を飼っているから
いつもブログで書いているのではありません。
私は他の犬舎の犬でも大好きな犬がいます。
トップディレクションのスネーク、
ブラックベリーにいた、ラド!
知らない人は一生知ることの出来ない世界があるんです。

今回、隊長の見る目とセンス・・・
良いものは良いという事が証明出来て本当に良かったですよ。
ベストインショーを貰う瞬間は私も見ていないので
映画の方で楽しみに見たいと思います。

今回のショーに行って見て私も少しは、
良い犬の見方が分かってきたと思います。
ドッグショーや展覧会なんて全く興味がないと言う人がいます。
私もそうでしたし、それで良いのではないかと思います。(ほんと!)
ましてやショーや展覧会に出陳するとなるとお金が非常にかかります。
我が家も何だかんだ入れたらベンツ位は買えている
お金は掛かっていると思います。
それだけ見たら何の得もありませんし、
他の事にお金を使った方がマシだと思います(笑)

ただ一つ言いたいのが、
繁殖する人がショーや展来会も経験せず、
血統も正しい歩様、ドーベルマンについても何も知らないのであれば、
繁殖するべきではないと思います。
そういう人がドーベルマンの質を確実に下げているし
真面目にそういう事に取り組んでいる人からしたら
迷惑極まりない事なので・・・。
基本的にドーベルマンは人気犬種になって欲しくないし、
そうなったら確実に不幸なドーベルマンが増えるからです。
多分、ショーや展覧会をやっている方々は
そう思われるのではないでしょうか?(そうでもないかな?笑)

2006_12170039.jpg




最後に、今回のドッグショーで応援してくださった皆様、
ハンドラーの加藤さん、映画の撮影スタッフの皆様、
大変お世話になりました。そしてありがとうございます♪
この映画の完成予定は2月か3月になると思います。
中川さん編集頑張ってくださいね。ネギ送ります♪

そして、隊長とデュー!
本当におめでとうございます♪
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 DOBERMAN LADY EBA & DANDY HUNTER, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。