ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは。
飯島愛が亡くなったそうですね。15~16年前の全盛期時に私自身
彼女の存在を知らず飯島直子と勘違いして1万円で裏モノを
買ってしまった淡い思いが蘇えります。
さてさて帰ってきてから何かとバタバタしておりますが、
今回の旅でショー以外の楽しい出来事を書いてみたいと思います。

今回の旅で私的に一番印象に残ったのが、女の人のストッキングですね。
客室乗務員のストッキングから始まり会場では色んな種類のストッキングを
ウォッチする事ができましたね。ぶっちゃけ犬よりストッキングを見ていたような気がします。
ただ盗撮したり触ったりしていないという事を予め断っておきたいと思います。
今年に入ってからストッキング熱が再発してしまっているのですが、
今考えると子供の頃からストッキングが大好きだったかもしれません。
ミカンを入れるオレンジ色の網をかぶったり、ストッキングをかぶったりしているのが
大好きな小学生でしたね。拘りは被ってからちょっと引っ張り上げた感じが
お気に入りでした。中学生の時も友達数人と授業を抜け出し別クラスの
女の子が体育をしている時に更衣室に侵入しやはり誰のか分からない
ストッキングを被っていましたね。勿論その時もちょっと引っ張りあげていました。
今考えると・・・・・被るのは女、子供のする事 大人の男というものは
ただ見ているだけ、触ったりしては紳士ではないのです。
今回に限らず最近はあらゆる局面でストッキングウォッチに余念がないですから
伝線しているストッキングを見つける事も多いんです。
でも大人の男は教えてはいけません。ただ黙ってみているだけが大人のやり方です。
話を元に戻しますと中間色のストッキングが良いですね。ブルーとかグレーのやつです。
原色は見てくれ感が強くて見てあげな~い的な気持ちになってしまいますから
あの中間色の控えめさを、日本人女性が失ってしまったヤマトナデシコのイメージに
重ね合わせて見てしまっているのかもしれません。
あらら・・・・書き足りねぇ~本で言えば「まえがき」にもなっていない感じで
こんなに文字数を消化してしまいましたから
別の機会に、紳士のストッキング入門というタイトルで書いてみたいと思います。

CANTQHML.jpg

今回のショーで一番の名場面はこれですかね。
出来ればベビースリングをつけてデューを抱っこしている宮家さんを
見てみたかったですが、何だか心温まる写真です。
デューの顔が「お母さん何かお腹に硬いものがぶつかるよ~」と
言っているように見えるのは私の考え過ぎでしょうが、今度はハンターも抱っこして欲しいです。
何なら宮家さんに抱っこしてもらいたい犬を集め撮影会でもしてプチビジネスしようかな

DSCF7345.jpg
DSCF7351.jpg

こちらは神山さんとエバハンっ子のCMAです。
神山さんとも沢山、お話させて頂きましてありがとうございます。
ビックリしたのが、私と歳が殆ど変わらなかった事です。
聞いた時、平静を装う事に全神経を集中しましたがビックリクリクリでしたよ
来年早々このCMAがドーベルマン界の新星として登場する事でしょう
1歳2ヶ月でこの迫力ですから胸が下りてくる時期になれば、とんでもない迫力になると思います。
ハンターより5~7ヶ月成長が早いですね。私も非常に楽しみにしています。

DSCF7354.jpg

こちらは青木さんとノエルです。
こちらも来年はやってくれるのではないでしょうか
青木さんには今年ノエルを含め私も大変お世話になりました。
そしてノエルの大活躍は彼女の功績が高かったと思いますね。
来年の北海道インター時は大阪の時のようにまたワイワイやりたいです。

DSCF7377.jpg

そしてアリュちゃんと隊長です。
私が最後まで我が家に残そうと思っていた子、
アリュールは、デューの雰囲気を持った子です。
来年は私が全身全霊をかけて仕上げていきたいと思っています。
楽しみ~

DSCF7362.jpg

そして原田さんとブルテリア
ドーベルマン以外の犬種は殆ど興味がない私ですが
ブルテリアの可愛さに思わずパシャリ。
今年は原田さんにも色々と教えてもらい非常に有難かったす
お礼はアシスタントのメガネのアイドルちゃんに返したいと思います

DSCF7387.jpg
CA9.jpg

こちらは我が家のハンちゃんです。
今回は頑張ってくれました 帰ってきてから我が家は非常に
にぎやかな以前の状態に戻りましたが甘えん坊で甘えん坊で困ってしまいます。。
そろそろ2世も大人になってきますから、
これからはスタッドドッグとしても活躍して欲しいと願います。
しかし、ドーベルマンの♂は少々扱いにくい面もありますが、
♂特有の素直さというか可愛さがありますよね。
ハンターはショードッグでもありながら私の良きパートナー家庭犬としても優秀です。
ショーの世界を引退したらハンターと何処かへ旅に出たいと思いますね。

今回の東京インターも沢山の方と縁がありお話させて頂きました。
ありがとうございました。宮家さんのお仲間ハンドラーさんとは
マニアックソウルメイトとしての出会いもありましたし、
来年も沢山の方と良縁があればと思います。

隊長とこの数年、ドッグショーを通して喜んだり悔しんだりと
数々の体験を共有しておりますが、
今では何でも相談できる良き友であり、そして偉大な師匠でもあると
今回の東京インターで改めて思いました。
(男性の趣味はどうかと思いますが・・・・)
こんな素晴らしい環境でショーに関われるのは幸せです。
隊長ありがとう。また来年も頑張りましょうね
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 DOBERMAN LADY EBA & DANDY HUNTER, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。