ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月19日午後、ハンターの御婆ちゃんにあたる
ART SELECTION JP'S SAMSARA サムが亡くなりました。
13年の大往生で苦しみもせず眠るように亡くなったそうです。
その数時間前まで他の犬の餌を横取りする程、元気だったのに
あまりの突然の死に隊長もビックリした事だと思います。

隊長にとってはドーベルマンでショーチャレンジした最初のドーベルだったので
思い出は言い尽くせないほど沢山あるだろうと思います。
実質ドッグショーにおいてはアートセレクションのスタートだった犬と
言っても過言ではないでしょう。
インターチャンピオン・シュープリームドッグ・アジアインター アワードと
大活躍したドーベルでしたし、サムの子のシアーが2年連続 アジアーインターを
制するなど、繁殖の方でも隊長に最高の喜びをくれました。
サム婆ちゃんがいなければハンターもいなかったし、エバ&ハンターのベビー達もまた
この世に存在していないわけで・・・・
そう考えると不思議な気持ちになりますね。
お婆ちゃん本当にありがとう

私にとっても隊長家に見学に行って初めて生で見たドーベルがこのサムでした。
非常にフレンドリーでドーベルマンのイメージを一発で覆してくれましたね。
ナデナデするまでは、心の中で「噛むなよ」と呟いておりましたが
そうかと思えばアートセレクションのドンとして死ぬ直前まで権力を
維持してきたそうです。皆、サムにヤキを入れられ育ったようですよ。
エバも前に一度、怒られた事があったかな
お土産でケーキを買っていった時なんかは油断したらすぐ食べられちゃいますからね。
私にケーキをくれと、ねだるサムの姿が思い出されます。
そんな、おちゃめなサムがもう居ないと思うと寂しいです
とにかく頭が良く賢い犬、そして人間には優しいフレンドリーな性格でした。
そんな気質がハンターにも、そして子供達にもしっかりと受け継がれていると思います。

サムがショーを引退してからでも隊長はサムに第一優先権を与えていました。
ソファーはいつもサムのもの、おやつをあげるのもサムが最初・・・
ショーや繁殖で使えなくなったら犬を粗末にする人もいると聞いた事がありましたので、
ショードッグとしてだけではなく家庭犬としても犬を
大事にしている隊長の姿に非常に共感を覚えましたね。
サムが亡くなって次の日に私も火葬場に付き添いさせて頂きました。
13年間も生きてきたとは思えない若い顔、そしてあの端整な顔は健在でした。
死ぬ瞬間も眠るように、迷惑をかけずに逝ったサムは最後まで立派でした。
隊長との最後の別れの瞬間は、かける言葉が見つからなかったです
気のきいた言葉も出てこなかった・・・・
隊長が私に言った最後の言葉で、隊長とサムとの生活を見れたような気がします。
「サムとの思い出は良い思い出しか浮んでこない

!cid_image004.jpg


サムお疲れ様。天国でバティーと逢ったら遊んでやってくださいね。
そしてこれからの子孫の活躍を楽しみに見てくださいね。
サムのご冥福を心よりお祈り致します。
ありがとう サム

メルシー

2週間前のサム(もう一頭はちーちゃんです)
13年間お疲れ様!若いよサム♪

!cid_image001.jpg

!cid_image003.jpg
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 DOBERMAN LADY EBA & DANDY HUNTER, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。