ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランボルギーニ・デルピエ~ロ・ザンブロッタ・・・・
知っているイタリア語を並べてみたら動詞ではなく
全て名詞になってしまったメルシーでございます。

さてさて最近は支店への移動や、お食事会などがあり
ちょこちょこ車で移動の機会があります。
石狩街道をよく通るのですが、「お前ら何年同じ場所で工事やってやがるんだ!」
と思いつつ、いつもの渋滞でイライラして横道を見てみたら、こんな可愛いカエルさんが
ちょっと気が和みましたね・・・。工事現場の戦略に見事はまってしまいましたね。

2008_02090041.jpg


で、その辺一帯を見回すと、気持ち悪い程のカエルがおりまして
少しブルーな気持ちになりました
カエル多すぎ・・・。

2008_02090043.jpg


夜には雪祭り中だからなのか大通りからススキノにかけて綺麗なイルミネーションが
街を華やかにしてくれております。
そういえば雪祭りはもう十数年見にいっていませんね~。

2008_02090046.jpg

2008_02090048.jpg


先日、私のお客さんの旦那さんがオープンしたイタリア料理を食べに
お邪魔させて頂きました。和食派の私でしたが、どの料理も大変美味しく頂きましたよ。
美味しいものは誰が食べても美味しいのですね

飲食店を始めてから色んなジャンルの料理を食べるようにしていますが、
予想していたより美味しいものが多くてビックリです。
何故、洋食嫌いになったかというと母親の料理に原因があったように思います。

物心つくまでに食べたパスタは1種類・・・・いつも安いウンナーが入った
ナポリタンのみ・・・・しかもご飯に味噌汁と一緒に出されます。
母親は多分他のパスタがこの世に存在している事と、
ナポリタンに合うスープを知らなかったんだと思います。
私的にどうしてもナポリタンをおかずにご飯を食べるのに抵抗があり
どんどん嫌いになって行ったのだと思います。
もっと最悪だったのが・・・シチューですね。
母親の頭の中で洋食は全ておかずの部類に入るらしく
ご飯、シチュー、味噌汁という組み合わせのお品書きでした
未だに私の中でシチューはスープなのですが、
ご飯・味噌汁と一緒に食べるシチューには馴染めなく
シチューが私の中でどんどん一生食べなくていいリストに入って行ったのだと思います。

そのせいかシチューと聞いただけで強い嫌悪感を感じてしまうので、
私が人を屈辱する言葉で最もFUCK YOUに近い言葉がシチューですね。
シチューの味ってハッキリしないし、何かぬるい感じがしませんか?
なのでダラダラしている奴や、天然ボケ、ノロノロしている奴、
見た目的に雨に当たったら溶けそうなラーメンの中に入っている「ふ」みたいな
気持ち悪い人っていますよね!
そんな人には、「おめぇ~はシチューみてぇ~な野朗だ!」とか
「おい!このシチュー野朗」みたいな感じで使います。
幸い言われた本人は褒められているのか貶されているのか分からない様子で
喧嘩にもならないですから丁度良いのかもしれませんね。

そして、もう一つあまり得意としないのがワインです。
と言っても「かぼちゃワイン」のエルちゃんは小学生の時大好きでしたし、
下敷きは、勿論エルちゃん仕様の下敷きでした。
それはさて置き、ワインを飲むと飲みすぎてゲロを吐いた時の喉越しを
感じてしまい悪夢を思い出してしまうのです。なのでちょっと苦手かな。

2008_02090036.jpg


今回、ワインをサービスで出してくれたので、
私も失礼の無いように美味しく頂く事にしました
滝川クリステルみたいな名前のラクリマ・クリスティーという白ワイン。
キリストの涙という意味のようで・・・仏教徒の私としてはゾッとしましたが、
飲み易いスッキリした味わいでした。

2008_02090040.jpg


しかし自分でも非常に残念な事ですが、ワインを飲む自分の姿を見て
非常に腹立たしさを感じてしまいます。
そんな口して飲まないだろう・・・一歩間違えば岸辺シローみなたいだなと
自分で自分を貶してあげたい気分です。

2008_02090032.jpg


話は変わり一年に一度撮れるかどうかの写真を鬼嫁が撮ってくれました。
私が熟睡している間に、ブランが寝ています。
私はエバを抱いていると思って寝ているのでしょうが、珍しくブランでした。
原因は分かっています。
部屋が寒いから・・・ただそれだけの事だと思います。
鬼嫁が布団に入ったら1秒で私から離れていったという事でしたから・・・・

2008_02090044.jpg


最後にもう一つ・・・我が家の犬との新しい遊び方を発見しました。

2008_02090049.jpg


写真はハンターですが、ハンターの口を両手で大きく開け
出来るだけ自分の顔を奥に入れます。そして自分の好きな言葉で良いのですが、
「ヤッホー」とか「たまや~」「中村屋」などと口の中で叫んでみて下さい。
お口の中で軽いやまびこを感じられ登山した時のような清清しさを
楽しめます。躾が入っていない場合には、顔面を血祭りにされるかもしれませんが、
それはそれでロシアンルーレット的な気分を楽しめるかもしれませんね。

うちでは、全頭で試しましたが、反響する面が一番大きいハンターの
やまびこ具合が一番でしたね
ただ犬達は喜びも嫌がりもしないので犬は全く楽しくないかもしれませんが、
愛犬と楽しむツールとして試してみては如何でしょうか
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 DOBERMAN LADY EBA & DANDY HUNTER, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。