ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬と生活をして、もう8年目になります。
逆の見方をすれば、まだ8年です。ここらでもう一度、
犬について勉強してみようと思い、
最近、いろんな資料を集めております。

まぁ躾や行動学の本は売るほどあるので、
今まで疎かにした分野を勉強したいと思いました。
昨年から犬の遺伝学をちらほら勉強していますが、
メンデルの法則というのが出てきます。
中学生の時に習ったような習わなかったような・・・
エンドウマメのアレですね。
この法則も私なりの解釈では、完璧な物だと思いません。
実際、この法則にも例外があり法則というには
不確かなものだと思っています。
だからと言って全てが駄目だという事ではありません。
アインシュタインの相対性理論ですら、
すでに説明できない事も沢山あるので、
こういう事は今の時代に結果を出せる事ではないような
気がしてしまいます。
それを踏まえたうえで物事を考えないと、
よくいる受け売りで物事を話す人で終わってしまいます。
答えの出ない事って人間性が最終的には
大きく関わってくるような気がします。

例えば、犬の先祖が狼なのかジャッカルなのか・・・
みたいな論議も実際にあって、もしかしたらどちらでもないかも
しれません。進化というものをイメージするとポジティブな
感覚で捉らえる事が多いかもしれませんが、
もしかしたら進化というものが、突然変異(奇形)と
大きく関わっているとしたら、
今まで持っていたポジティブなイメージが大きく変わると思います。
もし犬の先祖が狼ではなかったら、躾や行動学の認識も
根本から変わってくるのでしょうから、
その可能性を残して物事を考える必要があると思いますね。

私も犬を人間と同様だと思ってしまう癖がありますが、
同時に犬は犬というドライな感覚も持ち合わせています。
犬は愛犬家が思うほど純真無垢に奉公したい訳でもなく、
犬の持っている本質で行動するわけですから、
ドライに考える方がより理解できるのかもしれませんね。
そういう考えが出来ないと躾には苦労すると思います。

メンデルの法則の次に・・・ゲノム、DNA、染色体・・・・と
勉強して行かなければならない訳です。
こう言う種類が大の苦手だった私には、
吐血してしまうような内容ですが、
少しずつ少しずつ進んで行こうと思います。
イヌゲノムの解読も行われているようで、
もっともっと研究が進んでいくと遺伝性疾患なども今より
格段に繁殖の段階で未然に防ぐこともできるようなると
言われています。

しかしこういうのを文字で読んで、解釈するのには
非常に時間が掛かります。誰かお姉さんの様に優しく教えてくれる
人はいらっしゃいませんかね?
誰か優しく教えてください♪



スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 DOBERMAN LADY EBA & DANDY HUNTER, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。