ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、寝ている間にワインボトルで頭を殴られないか
心配で深い眠りにつけていないメルシーで、ございます。
今日は私が愛してやまないグループの話です。

Dexys..jpg


Dexys Midnight Runners/Too-Rye-Ay
カモン・アイリーン / デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ

デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズというこのグループ、
メンバーの構成が何人だったのか不明な程、ピアノやオルガン
バイオリン、バンジョーやフィドルなどの
変わった楽器も使われていた、
非常に大人数の奇妙なグループでした。
スタイルカウンシルのミック・タルボットが
在籍していたことでも有名です。
ジャンル的に言うと一応、ソウルになるのですが、
ケルティック・ソウル(北部∃-ロッパ民族のソウル)と
言うのがピッタリな音楽です。

このアルバムを初めて聞いたのが13歳の頃・・・
shureの針がA面の一曲目に落ちた時の衝撃は今でも
鮮明に覚えています。
とにかく今まで聞いたことの無かった音楽で、
あれから23年経った今でも、いつも車の中で鳴っております。
もし、この音楽と出会わなかったら間違いなく美容師には
なっていなかったと思いますし、私の創造性や生き方にまで
影響を与えた事は間違いありません。

ヴォーカルのケヴィン・ローランドは、裏声の達人で
河村隆一がまるで赤子に感じる程です。
「カモーン・アイリーン」が全米NO1になりましたが、
個人的にこの曲はあまり好きではありません。
ただ実にメロディアスで楽しそうで悲しそうで・・・・
こんな完成度の高いアルバムは滅多にないと思いますよ。

私の好み的には下のファーストアルバムの方が好きですが、
どちらも私の中の名盤である事は間違いないですね。

若き魂の反逆児を求めて 若き魂の反逆児を求めて
デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ (2004/02/25)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


どうです。このアルバムのデザインのカッコイイこと・・・。
いつもこのアルバムを部屋に飾っていたような気がします。
このアルバムの中の「GINO」は、私のMods魂のテーマ曲、
みたいなものになっています。
1987年に残念ながらこのグループは解散してしまいます。
しかしヴォーカルのケヴィンローランドが1999年に、
長い沈黙を破りソロアルバムを発表しますが、
音がどうこうの前に、アルバムのデザインが最低最悪と酷評され、
再起するのに失敗しました。
勿論、私も彼のソロアルバムを買いましたが、
ジャケットを見て・・・非常に悲しくなった事を思い出します。
私の好きだった彼は何処へ行ってしまったのか?!
しかも、このアルバムのタイトルにもなっている、
貴方の「マイビューティ」とは・・・これですか??
貴方の再起を願っていた11年間の答えがこれですか?!・・・

と多分思ったと記憶しています。

[Read More]
スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 DOBERMAN LADY EBA & DANDY HUNTER, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。