ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここ最近、FC2のサーバーに不具合があり更新出来ない状態でありました。
とりあえず復旧したので、ヤレヤレです。

そんな中、ニュースキャスターでジャーナリストの筑紫哲也さんが亡くなりました。
ニュースキャスターとしての筑紫さんは、
いつも安定し大人の魅力を持った素敵な方だという印象があります。
ただ今一心に残っている言葉とかジャーナリストとしての
筑紫さんの印象って無いんですよね。
思想的に共感できる部分が少なかったからなのか?
そんな事を考えながら筑紫さんの歩んできた道を辿っていきたいな
なんて思っています。

てつやはてつやでも、評論家の宮崎哲弥さんが非常に面白いです。
とっちゃん坊や的な見てくれで勉強ばかりしてきたボンボンかと思いきや
昔は相当なワルだったようなんです。そんなところがたまに垣間見えますが
私が一番共感するのは、AVよりエロマンガ派と言う所でしょうか。




もの凄く面白い番組を見つけまして・・・・
テレビではなくネットのみの番組なんですが。
前からお金を払い有料で見ているわけですが、お金を払っても見る価値ありでございます。
you tubeで予告が見れますので、興味のある方はこちらから新規登録して見て下さいませ。






ウラって恐ろしいですねDVDも出ています。

スポンサーサイト

こんばんは
昨日の夜からまたまたキャンプに行って参りました。
キャンプといえば家族連れや友達同士、大勢で行くイメージがありますが
それは、女、子供のする事
男は黙って一人キャンプでございます。
別に鬼嫁に追い出されたわけではございませんよ。
内臓脂肪が増え枕に加齢臭を漂わせるお年頃になると、
無性に孤独を感じたくなる時があるのです。

仕事が終わって直接、お目当てのキャンプ場まで車を走らせました。
今回キャンプ場に選んだのは高速を使えば札幌から1時間半ほどで行ける
赤井川村でございます。
現地に着いたのは9時過ぎ、何組かのキャンパーがおりましたが
もうすでに就寝の準備という所です。
手始めに午前中に買ってきたMyテントを立てようと袋から取り出したところ・・・・
私の思っていたワンタッチ式のテントではなく、本格的な組み立て式のテントでした
自分のテントはいつも立てているのですが、こういうテントはいつもスタッフが
立ててくれていたので、メルシーその時、手伝っておけば良かったと少し後悔しながら
何度も何度も説明書きを読み、気の遠くなる時間をかけ何とか完成。
先が思いやられます。

今日の料理は、私があまり得意としないシチューをあえて作ってみました。
だって簡単なんだもん。
マイブームのダッチオーブンを使い何とか美味しくできました。
なかなかダッチオーブンを使いこなしてきておりますよ。

DSCF6694.jpg

暖をとりながらお酒を飲み、時より襲ってくる大の苦手な蛾に悲鳴をあげながら
夜空を見回すと満月の夜・・・・・何だか急に寂しくなってきました。
40を目の前にして非常に恥ずかしいのですが未だにお化けが怖いんです

DSCF6696.jpg

真っ暗なテントの中に入って普段味わうことの出来ない孤独を満喫しましたね。
携帯も繋がらないし・・・・・
過去の事、これからの事など、いろんな事を考え
時たま聞こえる木から葉が落ちる音にオシッコをチビらせながら
気がつけば朝を迎えておりました。
しかし、こういう精神状態になると普段聞こえない音もよ~く聞こえるものです。
自然の理に圧倒された気がします。

DSCF6711.jpg
DSCF6709.jpg

林の中に個々テントを張っておりました。小鳥の囀りで目が覚めた瞬間は
本当に気持ち良かったです。ツクツクボーシの鳴き声も聞こえましたよ。
少しだけ自然と一体化できた感じがします。

DSCF6708.jpg

朝になってちゃんとテントが張れているのか見ましたところ
なかなかではございませんか!
夜はやはり冷えましたので、薄いダウンを着、寝袋の中に入り丁度良い感じでした。
北海道はもう秋がすぐそこまで来ている感じです。
朝ごはんは昨日作った、シチューの残りです。
しかしダッチオーブンで調理すると何でこんなに野菜が甘いのだろう。
家のガス台でも使えますので、皆さんも一度お試しあれ。

DSCF6717.jpg

後片付けをし午前中にはキャンプ場を後にし、せっかくなので赤井川温泉に入ってきました。
途中、向日葵畑があったので車を止めてパシャり。
向日葵って何か元気の源のような・・・元気が出るような気がします。

DSCF6722.jpg

帰り道に通る毛無し峠から見る小樽の風景です。
私が美容師として駆け出しの頃、その当時乗っていたレビンで
よくここを攻めにきて夜景を見たもんです。
何人の女の子をここに連れてきたかな
そんな昔を思い出し、もう一度股間にテントを張りながら家路に辿り着いたメルシーでございます。

DSCF6728.jpg
DSCF6719.jpg

春が来て花が咲き、夏が来て若葉が芽ぐみ、
秋が来て葉が枯れて、冬が来て春の訪れをじっと待ち、また春が来てそれを繰り返す
そこには何の私心も野心もなく自然の秩序正しさのみ、やはり理屈抜きで美しい 
当たり前の事ですが、人生に置き換えてみると
自然のように無心で秩序正しく生きるのは今の時代は少し難しいように思います
少しでも自然に触れ自然の豊かさを感じ取りたいと
ジャガリコを食べながら思い書いているわけですが、
これからの日本の将来を考え、政治、経済、教育・・・・・
決して良い方向に向かっているとは思えず、
これから人生の明暗を分けるのは自分の精神的な豊かさが
ビジネスにおいてもプライベートにおいても重要なのかと思います。

とは言ってもマラソンの土佐の顔が生理的に受け付けず
歯を治す前に外反母趾をまず治せと言ってやりたい
まだまだ未熟なメルシーでございます。

また一人キャンプは続きます。


こんにちは。

さてさて今日は目の錯覚のお話でございます。
私もヘアーデザイナーの世界に関わってきて20年目になろうとしています。
この20年間で一番使ってきたものは、頭でもポコチンでなく目で見た感覚だと思います。
昔、ヘアーメイクの仕事をやっていた時に今は大俳優になってしまった
大泉洋から「つぶらな瞳ですねぇ~」と言われた事がありますが・・・。
そんなインコのような可愛い目を使い、それで飯を食べてきたわけです。

人間の目というのは実にいい加減で、正確ではありません。
ちょっと矛盾してしまうのですが、私は自分の目で見えるものより
ビデオや写真や鏡というフィルターを通して何かを見た方の感覚を信じます。
何故なら正確だからです。人間の目だけで見たものは感情に左右される事が多いですし、
昨日ブサイクと思っていたのに急に可愛く見えたりする非常にいい加減なものです。

例えばボブという定番のヘアースタイルがあります。
横のラインを耳たぶが隠れる位に切りたいとします。
人間の耳たぶは99%、左右の高さが違います。皆さん鏡で確かめてみてください。
大体左の耳たぶの方が上がっていますから、左の耳たぶを隠れるように切った後に
正確に同じ長さで右を切ってしまったら、右の耳たぶが少しだけ顔を出してしまいます。
カットの理論的には正確なのですが、わざと目の錯覚を使い耳たぶが隠れるように
違う長さに切ってあげた方が切られている方は、
長さが同じだと感じるものなのです。(ちょっと分かり難いですかね)

デザインとは色、フォルム、素材、空間などを使った形態のもの(長くなるので簡単に纏めました)
犬の形の良し悪しを決めるのも簡単に言えばデザインであって、
それを見比べる事はそう難しい事ではないように思います。
ハンドラーのやっている事は、犬が一番良く見えるように目の錯覚を効果的に使った
テクニックなのではないでしょうか。

1111.jpg

ttts.jpg


で、ここに2枚のハンターの写真を並べてみたのですが、
お分かりいただけるでしょうか?
写真で言うと数ミリのデザインの違いで、違った犬の印象に見えてしまいます。
これは1枚の方を数パーセント横に縮小してみたものですが5秒程で出来てしまいます。
犬の写真を見ていると胸を出したりトップラインを修正したものは比較的簡単に分かります。
今の画像処理技術はものすごいですね
素人でも簡単に手を加えて、いろんな事が出来ちゃいます。
以前見た犬の写真の印象と今回は全然違う・・・と感じたら
もしかしたらこんなトリックを使っている場合があるかもしれないので、
今の時代は何が真実なのか見分けるのには難しいと思います。

一番は実際、実物を見て目の錯覚を体験する事なのかもしれませんね
そんな事をしなくても見て分かる人はすぐ分かちゃうものですがね。
今後、こんな観点で犬の写真を見たら
新たな発見があるかもしれませんよ
鬼嫁などは、画像処理を仕事にしてきたわけですから
私の顔に及川奈央の体のアイコラでも相当上手く作れますよ。
多分、私の顔で勃起するかもしれませんね。
ちなみに、うちで使っている写真は縮小とかデザインを変える
修正はしていませんので、あしからず


こんばんは。
数日前から喉と鼻の奥が我慢できない程、痛くそして鼻水が止まらなく
こりゃ~変な時期に風邪をひいてしまったと思っていたら
どうやら花粉症だったようです。今まで一度も花粉症なんてならなかったのに
急になるものなんですね。何かお洒落さんになった気分でおりましたが、
めちゃめちゃ大変なんですね。
とにかく鼻の中がヒリヒリして痛く鼻水が止まりません
今日、早速スタッフからマスクを貰ったんですが、
マスクを着けたらつけたでパンティー泥棒に間違えられそうで、
妙に緊張してしまいます。

これ病院行ったら治るものなのですかね??
本当に苦しいんですよ。
一つ閃いたアイディアがあるのですが鼻の中をミツバチの巣にしたら
蜂のお尻につけて花粉を取ってくれたりしないものでしょうか?
私の鼻の中を巣だと認識させるまでに相当研究が必要だと思いますが、
もし成功したらビックビジネスになりそうですね。
鼻の中からミツバチが旅立ったり帰ってきたりする事を
想像するとひょっとして犬より可愛いかも
ただ女王蜂を何処に住まわせるか・・・という事と
鼻の中で蜂を飼うより花粉症の方がマシと思わないか・・・・
これが一番の問題かもしれませんね。

そんな中、外国のメル友からDVDが届きました。
彼の犬はアルゼンチンでショーイングしており活躍しております。
今回、送ってきてくれたDVDもアルゼンチンのナショナル展だと思います。
やはり日本よりレベルが高いと思いましたね。
ただデカイ・ゴツイ・パワフル 
ポコチンだったら、いう事無しと言う感じでしょうか?
♂はネロの系統の犬が勝っていましたね。
ジャッジは、2007年アジアインターでエバとハンターにBOBをくれた
アメリカケンネルクラブの会長さんでございました。
相変わらず1対1で、ラウンドさせて順位をつけておりましたよ。

この方エバの事を非常に気に入ってくれており
次の子犬にも興味があるようです。
メールのやり取りの中でとても重要な情報を教えて頂いたりと
とても為になる内容でした。その国でないとつかめない今後の種♂選びに
非常に重要な情報でした。ありがとうございます。
DVDを見て私はやはりアルゼンチンのド迫力タイプより
アメリカの洗練されたドーベルが好みでした。

そしてこの写真も添付されてきましたよ。

23-4-.jpg


うむむむ。どこかで見た事があるシルエット・・・
オーストラリアのヤンキーの子犬です。
前と後ろが別犬?と思うほど・・・前胸が凄いですね
前にもヤンキーの子を見ましたが、これは最近生まれた子なんでしょうね。
アルゼンチンのDVDのお礼にアジアインターのDVDを送ろうと思いますが、
日本のドーベルを見てどんな風に思うのか・・・・


こんにちは、竹村健一でございます。

エバが帰ってきてこの数日は、
非常に賑やかな日々となっております。
先日、映画監督から連絡があり、そろそろ映画の発売日が
決定するという嬉しい報告がありました♪
いよいよという感じですが映画が出たら出たで、
色んな批評があるんでしょうね~・・・。
映画の撮影はエバやハンターにとっても一つのキッカケになった
重要な出来事を記録出来ましたし、
今年こうやってエバが大ブレークしたわけですが、
その映画を見れば、どうやってそれが巻き起こって行ったかが
分かって頂けると思います。
本当は今年のアジアインターがクライマックスだったら
最高だったのになぁ・・・。

私もドッグショーやドーベルマンと関わって
段々とぼんやりしていたものが見えてきたように思います。
隊長の側で勉強させてもらっているので、
毎回、内容の濃い経験をしている事が他の方に比べ幸運なのと、
それが進化のスピードを速めている要因だと思います。
ドッグショーに勝つとお金を貰えると思っている方が
たまぁ~におりますが(笑)1円も貰えませんし、
高級車を買えるほど・・・お金が確実に出て行きます。
まぁ出し方にもよりますが・・・。
よく何でそんな事に一生懸命になるの?と質問される事がありますが
何ででしょうね(笑)

月並みですが、「ドーベルマンが好きだから」です。
その真髄は、ドーベルマンのスタンダードを知るという事に
尽きるかと思います。
犬のスタンダードとは犬種標準の典型的な形態を規定したものですが、
純粋犬種の後世への保存継承という重要な意味があります。
ドッグショーはどの犬がスタンダードに近いか競う場です。
多分、私はドーベルマンが好きな故に太文字の部分に
何か関われないか?という事に一生懸命になっているのだと思います。

ただ今のドーベルマン・ピンシャーのスタンダードは・・・
これで良いのか?と思う部分も多々あり、
こういうものは時代の流れにより多少変化していくのだと
思いますね。

ドーベルマンのブリーダーさんや、ショーをしている
大半の方は、このスタンダードと格闘して
日々、犬質の向上に努めていると思いますが、
この解釈も人それぞれなわけで、
同じドーベルマンであって見た目・性質が違う
ドーベルマンがいるわけです。
皆、自分の関わるドーベルマンが一番だと思っているわけですから
意見の相違がうまれます。それが競い合う事になるわけですから、
逆に意見の相違は絶対的に必要な事だと思うんです。

アジアインターのドーベルマンのジャッジはロナルド・メナカー氏。
アメリカン・ケネル・クラブの会長です。
その方からBOBをエバもハンターも頂いた事は
この上ない喜びでした。
そしてもうすぐエバとハンターの子供が誕生する事なるでしょう。
日本のドーベルマンの後世への保存継承に関わる事になります。

これから、雑誌、映画と私達が登場する事が増えると思いますが、
決してミーハーな観点からドーベルマンが人気になって欲しいとは
思っておりません。私達だけではなく真剣にドーベルマンに取り組んで
おられる方は、皆、そういう気持ちだと思います。
私の周りにも熱心な方が増えてきました。
そういう方が増える事が、ドーベルマンの犬質を向上させていく
起動力になっていくと思います。
何の世界でもそうですが、ミーハーな観点しかもっていなく
こういう所には全く興味もなく、人の噂好きの小童(こわっぱ)
みたいなのが困り者です。

008.jpg



こんにちは、この前・・・顔ちぇきという
携帯で顔写真を撮ってメールで送ると有名人の誰に
似ているか返信で教えてくれるサービスで、
自分の顔を写して送ってみたら、「堂本光一」が出て
非常にご機嫌なメルシーでございます。
スタッフは皆、髪の色しか似てないと不機嫌でした・・・・。

今年も折り返しの月になってしまいましたが、
働けど働けどお金は貯まりませんね(涙)
まぁ好きな趣味もあり、仕事もとりあえず倒産する事もなく
続けられていますが、ここ最近はオーム風に言うと
もう一つ上のステージを目指したいと思っています。
思い返しても毎回毎回、自分の中で高い壁が現れて
それを打破しようと色々悩んだり、夢を見てみたりと
葛藤して気がついたら壁が崩れていたという感じなんですが、
毎回、壁は高くて巨大になっていくので、
自分には乗り越えられるだろうかと尻込みしてしまいます。
そんな時、私が信念をもってやってきた事は、
自分がどうなりたいか?!どうしたいか?!という
ビジョンを頭の中で映像化出来るくらいに明確にイメージする事です。
その位、ハッキリとイメージ出来て叶わなかった事は
あまり記憶にありません。規模は知れていますがね・・・。
今以上に成功していないのは、そうなりたくなかった理由があるか、
そこまでの段階までイメージしていなかったんだと思います。
恥ずかしい話ですが、一番最初にお店を始めた時は
親の援助も1円もありませんでしたし、
貯金も1円もありませんでしたから(笑)

ドッグショーを始めた時も、
表彰台の上でエバやハンターが記念撮影をしている
イメージを毎日毎日、しつこい位にしていました。
こういう事ですら見事実現してしまいます。

私は何でもイメージさえ、しっかり出来れば何でも実現できると
本気で信じております。

よく若いお客さんなんかには、そういう類の事を質問され
答える事があります。まぁ俺でも自分の道を自分で決めれたんだから
お客さんでも、イメージすれば絶対に出来ますって・・・
と言う具合にです。結構、こういう話をしてくるお客さんって
真面目な人が多いので冗談を織り交ぜても伝わらない場合が
あるんです。

前に、

お客さん  「メルシーさんが、今イメージしている夢って
       何ですか??」

メルシー  「パツ金のお姉さんと一発やることかな!
       それか女性二人と3P!!」


と真面目な顔で答えてみたら・・・

お客さん  「・・・・・・(真顔)」
お客さん  「まぁ人それぞれなんで、良いんじゃないですか。」
お客さん  「って言うか、ちっちゃい夢ですね・・・(怒)」
メルシー  「ちっちゃくないよ!」
お客さん  「でもそれって、すぐ叶うんじゃないですか?」
メルシー  「すぐ叶わないよ!」
お客さん  「お金払えばすぐじゃないですか!!(怒)」
メルシー  「いやいや、お金じゃなくて本当の愛の関係で・・・」
お客さん  「・・・・・(呆れ顔)」
お客さん  「やっぱ、難しいかもしれませんね・・・」
メルシー  「・・・・・」


私がヘアーを、もう十数年間担当しているお客さんが
犬を飼いました。家へお邪魔して躾の仕方などを教えた
ご褒美に御馳走を頂きました。
旦那さんも紹介してもらい仕事の話や犬の話で意気投合!
その時、旦那さんもイメージする事の大事さを
力説しておられました。
数年前までは、私だったら逃げ出してしまいそうな状況の中、
イメージを持てば必ず叶うという事を信じ続け
目標を作ったのだそうです。
それを買えるくらいになってやる・・・と
そして頑張った結果やはり、イメージした通りに実現しました。

それがこれ


37歳で~す。
まだ20歳の子と付き合えるのではないか!
という幻想を胸に秘め前向きに生きて行こうと思う
メルシーでございます♪
しかし一年がルーレットのように過ぎていきますが、
気付いたらあっという間にオジサンになってしまいました。
何か中途半端な歳でもありますが、
後から考えたら、まだまだヒヨッコなんでしょうね。

最近、太ももを出している子や胸の谷間を出している洋服を
きている子と話をしている時に
昔の俺ってこんなんじゃなかったよなぁ~なんて思います。
どういう事かというと、話より胸や太ももが気になって平常心では
いられないんです。
ちょっと挙動不審というかノイローゼ気味と言うか。
見ないようにすればするほど不自然で
失礼な態度になってしまいますし、
相手を見て話をしようとすればするほど、
顔は相手の目を見ても黒目だけが以前のテリー伊藤のように
胸や太ももに向いてしまいます。
先日も私の同級生とバイトの女の子と食事をしたんですが、
私も同級生も同じだったようで(笑)
最終的には、その女の子・・・上着で胸を隠してましたから(汗)

公衆浴場なんかでも、似たような事があります。
迷惑なのは小さい女の子が男風呂に入ってきた時です。
熟女好きなわたしですからロリータには全く興味はありません。
しかし日本刀でスパッと切られたような割れ目には、
やはり目が行ってしまいます。
そんなに割れなくてもいいのに・・・なんて思って見ていたら
変態だと思われますから、見ないようにしたり
距離を置いたりと挙動不審になってしまいます。
ちっともリラックスできません。
ちょっと考え過ぎなんでしょうか・・・。
小さい女の子をお連れのお父様・・・
迷惑なので本当にやめてくださいね。

そんなお馬鹿な事の葛藤を日々繰り返しておりますが、
最近、全体の流れが下降気味でした。
しかし今日で何か流れが変ったような気がします。
午前中まで持っていた株がストップ安でブルーになっていたのですが、
午後からは一転、材料が出て月曜日からは
更なる上昇気流に乗りそうです。
今度のtotoでは、6億当たる予定ですしね(笑)
鬼嫁と当たったらどうするって話で口喧嘩になりましたからね。

そんなんこんなんで、もうすぐ東北インターが開催されます。
ハンターとエバがどうなるか楽しみですし、
私としては、きちんと日本で結果を出して
アメリカへ行く準備を整えたいと思っています。
以前、勝つことを当たり前だと思うなと
非常に有り難いご指導を頂いた事もありますので、
地道に地道にやって行こうと反省しております(笑)
そして犬質をもう一度見つめ直し自分の犬を見る目を養い、
全ての基本は血統や関わった人の偉大さではなく、
自分の犬の犬質にあると言う事を心に刻み込みたいと
思います。


プロバイダ責任制限法の団体が
ISPが発信者情報を開示する基準を明確化するという
動きを急速に行っているようであります。
いわゆるインターネット上においてのプライバシー侵害や
名誉毀損の書き込みに対して、ある特定の条件の場合、
発信者の同意がなくても、その氏名や住所、電話番号、
電子メールアドレスなどを開示できるようにするという
ガイドラインを固めていく方針らしいです。

私も某掲示板を見る事がありますが、
こういった法律は絶対必要だと思っています。
某掲示板でもドーベルマンスレがありますが、
正直、見ていて何の事かは私にはチンプンカンプン、
の内容ですが、・・・大丈夫??と思う内容の事もあります。
こういった内容で中傷されている方にとっては、
法律が早く整備されて、名誉棄損で訴えてやれば
良いのになぁ~と思いますよ!
私だったらそうしますし、こういう事の為に生きて行ける様な
しつこい性格なんで、人生の全てを賭けれる自信もあります。
まぁ名誉棄損の時効は少なくても3年なんで・・・
今現在も関わってくるのでしょうね!
まぁ私は見てるだけなんで、こういう事も
言えるのでしょうが・・・。
日本もアメリカ同様・・・何でも訴訟になりそうです。

あと最近、偶然見つけた私と同じ地域で動物保護を
しておられる方々の活動内容を見て私は愕然としました。

この方達にだけではなく、憤りを感じてしまうのが、
安っぽい動物愛護の精神というやつですかね。
こういう事はナイーブな問題なので、細かいところまで
書き綴るのは難しいですが、
非常に自分に都合の良い解釈と、
自分の事を棚にあげておいて例えば犬・猫だけは特別と
理不尽極まりない理論を持っている方を見かけます。

私も含めて人間は所詮、自分の都合の良い風に
物事を解釈して生きている訳ですし、
物事には表と裏があって・・・それを含めて世の中だという事を
分かっているのでしょうか?
メリットとデメリットは常に共存し、
命は物ではないので、完璧なんてありえないのですよ!
自分の身に降りかかった事は特別扱いし、それ以外は
さほど興味が無いと言うのが皆・・・今の現状でしょうね。
私も、そうです。
それじゃ駄目なんですがね。

何かノイローゼの様な文体に見えるとは思いますが(笑)
ちゃんと私の中では、メッセージがあるんですよ。
まぁ何を言いたいかと言うと、
もっといろんな事を深い所まで考えたら、
動物愛護・地球環境・差別・虐めなどの問題も
何の責任もないやつが簡単に
「駄目ですよ~」と言うのは幼稚過ぎやしませんかね。
ガキでも言えますよ、そんな事。

森進一の冬のリヴィエラの歌詞のように
そういう事を真剣に考えれば考える程・・・
「黙り込むもんだ~ねぇ~」という風になっていくと思います。
簡単な問題じゃないはず。
ただの理想主義ではオシリペンペンですから。

まだまだ沢山書きたいことはありますが、
面倒くさくなってきたので、今日はこの辺で。

最後に愛する皆さんの為に最近、私のお気に入りのフレーズ
をプレゼントして終わりたいと思います。

[お前だって最初は、お父さんの金玉の中に居たんだぜぇ~」とね。






20061204015215.jpg

2006_11300071.jpg


私のブログにちょくちょく登場する
ミュージシャンのKAZUYAさん。
もう15年くらいずっと彼の音楽を聴き続けています。
時には本当に彼の曲で救われた事もありました。
彼の歌には、優しさがあるんです。
名曲の全部をお伝え出来ないのが残念ですよ。
いつもいつも私に勇気をくれるんです。

久しぶりに彼の優しさに触れる為に
ライブに行ってきました。
相変わらず魂を洗浄してくれた気がします。
ライブが終わってかなり遅くまで
色んな事を話しましたよ!
彼、私より一回り位、年上なのですが、
何より見た目も頭の中も若いし、
未だに音楽一本で・・・食べています。
仕事の事、今の社会の事、若者の事、年を取るという事・・・
大半がエッチな事でしたが、いろんな話ができました。

最近、自殺が異常に多いですよね。
私も何人か大事な人を亡くしました。
色んな自殺の種類があるかと思いますが、
生きていれば楽しい事もあるのにな・・・と思います。
私も過去に2度ほどチャレンジしようとした事がありましたが、
とてもじゃないが怖くなってできませんでした。
なんか、あの時期・・・何もかも嫌になったんでしょうね。
浅~く広~く・・・な考えで生きていければそんな考えも
起きないのでしょうが、そんな生き方は、したくないと今でも
そう思って生きています。難しいですね。

この曲、KAZUYAさんが4年くらい前に
大事な人を何人か続けて自殺で亡くし、
その時期に書いた曲だそうです。
最高の応援歌です。
「何も出来なくても生きていたって構わないんだぜ」
という最後の詩だけで私も救われます。
この歌を聴いて・・・
皆にも強く生きて欲しいと願うメルシーでした。

画像は特に意味がないので・・・流してください(笑)

殴り書き / KAZUYA


今年の夏は非常に充実したものになりました。
私達にとっては2シーズン目のドッグショーへの
挑戦になりました。結果の方も

エバ

クイーン            1回
リザーブクイーン        2回
エクセレントグループ     1回

ハンター

リザーブキング         2回
エクセレントグループ     3回

と出来過ぎな成績です。
ショーを通して知り合いも沢山出来ました。
皆、一つの目標を目指しているので、
話していて楽しいし、すごく刺激になるものです。
皆、犬の扱いが上手いし、躾や食事などの事も勉強になるんです。
また、今年はプロハンドラーの方に
食事法やハンドリング、練習法などの事を
教えていただいた事も、財産になりましたね。

道外からショーに参加したオーナーハンドラーの方が
いたのも刺激になりましたね。
そして、このブログを通して知り合ったお友達が
遊びに来てくれた事は毎日毎日、お祭りのような楽しい時間でした。
犬の事、躾の事、仕事の事など沢山話しました。
時間が幾らあっても足りない位でしたね♪

こうやって思い出しても本当に良い夏だった!


ただショーをしていると変な人がいるのも確かです。
今回は一度もショーに参戦していないくせに
能書きばかりたれていて、おまけに人を批判している
ちょび髭野郎がいたりします。しかもネット上でね。
本当は放置プレイをしておけば良いのですが、
少しかまってあげないと可愛そうなので、あえて触れてあげます。
私も大人げないなと思いますが、その方・・・
私の親に近い年なので、もっと大人げないんです。
お友達になりたいんだったら、メールでもくれればいいのに。
何処か私に似ていて個人的には憎めないのになぁ。

と、いきなり過激な内容が飛び出しましたが、
これからは言いたい事言わせていただきやす。

そんなんで、このブログのスタートです。
より過激により変態に、これからもドッグライフを
楽しんでいこうかと思います。



asahikawa

hannta




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 DOBERMAN LADY EBA & DANDY HUNTER, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。